精子が大好きな女との1日|1日中吸血鬼のように吸われた

精液が好きすぎる女と1日セックスチャレンジ

精子が大好きな女との1日|1日中吸血鬼のように吸われた

出会い系サイトで出会ったセフレ女とセックスしたのですが、そのセックスは今までのセックスとは比べ物にならないくらい長く濃密なものでした

 

タイトルからも分かると思うのですが、そのセフレ女と朝から夜にかけての丸一日セックスをしました。

 

そのようになったきっかけは、普段から継続中のセフレ女に「丸1日セックスチャレンジしてみない?」と言われたのがきっかけになります。

 

俺はセックスチャレンジが気になったのでOKの返事をしてしまいました。

 

そして、1週間後にそのセフレ女のマンションまで行き、そこからセックスチャレンジが始まって行くことになります。

 

セフレ女のムラムラ日にまる1日ヤッてみることに

その日のセフレ女のムラムラ加減は俺が知っているなかでも、かなりの発情ぶりでした。

 

普段はそのセフレ女とはホテルでしているのですが、セックスチャレンジとあってはホテルでするには何かと不便かなと思い女のマンションにしたという訳です。

 

セフレ女のマンションはかなり広くて、普段はキャバクラで働いているので金回りはかなり順当そうでした。

 

ただ、仕事のストレスは溜まっていたようなので、俺の様なセフレをストックしているのだと思います。

 

また、セックスチャレンジという思い付きも、仕事のストレスの発散のための様な気がします。

 

セックスチャレンジを始める前には、1日分の食べ物と飲み物はある程度準備してからセフレ女のマンションに行きました。

 

あと、事前に精力剤や増量サプリなども買っておいたので、それらも持参していました。

 

その精力剤や増量サプリはかなり高価なもので、1日中のセックスするにもかなりの効果が期待できます。

 

生中出しOKなら…と約束してピルも飲んで準備万端

セフレ女のマンションに着いたのは明け方の午前5時ごろです。

 

セフレチャレンジするのは朝の8時くらいからとセフレ女は言っていたので、俺は早めにマンションまで行くことにしました。

 

そして、マンションに着きセフレ女に部屋に入ると、すでにセフレ女はピルを飲んでいて「中出ししてもOKだから」と部屋に入るなり言ってきました。

 

セフレ女はかなりのやる気を見せていて、既にシャワーを浴びた後の様でした。

 

セフレ女の格好はパンツ1枚で、すでにエロい顔をしています。

 

俺はセフレ女の見慣れた爆乳を一瞥(いちべつ)してから「分かった、とりあえずシャワー浴びてくるから、待ってて」と言いシャワーを浴びることにしました。

 

そのときには俺はすこし眠くて、セックスチャレンジがやや面倒くさく感じていましたが、始まってしまったらとんでもないものになって行きました。

 

精力剤とサプリ摂取で精子がで続けるように

シャワーを出てリビングで水を飲んでいると、セフレ女が「精力剤とサプリの準備はしておいたわ」と言ってきました。

 

女の指を指した方を見てみると、持参してきた精力剤と増量サプリが並べられていて、封も開けられていました。

 

俺は「準備万全だなw」と言い、用意されている精力剤と増量サプリをすべて飲み干しました。

 

細かい容量などは見ていなかったのですが、かなりの量を飲んでしまったと後から気が付きましたが特には問題ありませんでした。

 

セフレ女は部屋のカーテンを閉め切り、自分の気持ちを盛り上げるようにしています。

 

俺も精力剤と増量サプリが効いてきたのか、下腹部が徐々に熱くなっていくのを感じました。

 

そして、セフレ女は「じゃあ始めましょう」と落ち着いたトーンで言って、セックスチャレンジが始まることになります。

 

朝からゆっくりと愛撫セックスを開始

精子が大好きな女との1日|1日中吸血鬼のように吸われた

セックスチャレンジが始まったのは朝の8時ということもあって、お互い最初はゆっくりとした動作になっていました。

 

また、セフレ女は「夜の8時くらいまではセックスしよう」と言うので、まだまだ時間はあります。

 

そのため、まずは時間を掛けてゆっくりとした愛撫を始めることにしました。

 

普段、セックスしているときの愛撫は数分程度で終わらせていますが、夜までセックスするとなると、愛撫に時間を掛けなくては体が持ちません。

 

俺はセフレ女の頭のてっぺんから足のつま先まで、全て舐めまくることにしました。

 

セフレ女もそれを察したかのように、仰向けに寝ていて目を閉じています。

 

そして、俺がセフレ女の頭から徐々に舐め回していき、足のつま先までゆっくりと愛撫していきました。

 

愛撫していた時間はおよそ1時間くらいはしていたと思います。

 

1時間もセフレ女は愛撫されていたので、すでにマンコは塗れています。

 

そこから、フェラ、シックスナイン、顔面騎乗へと流れていくことになりました。

 

のんびりセックスして11時には一度休憩

朝8時から始まったセックスチャレンジですが、そこまではかなりのんびりしたセックスでした。

 

ほとんど愛撫とフェラとシックスナインになり、合体していた時間は1時間ほどです。

 

11時になったのでいったん休憩することにしたのですが、意外と夜まで行けるような気がしていました。

 

セフレ女も「これなら、夜までイケるわねw」とかなり余裕そうな感じで、準備しておいたサンドウィッチを食べています

 

そして、1時間ほど食事をとり、再びベットの方に向かいセックスチャレンジを再スタートすることにしました。

 

お昼休憩してまた13時には中出しスタート

お昼休憩が終わってベットに戻ろうとするときに、俺のペニスがかなり熱くなっていることに気が付きました。

 

朝、飲んだ精力剤と増量サプリが、ようやく効いてきたのです。

 

そこから体の芯まで熱くなっていき、俺の性欲が爆発していくのが分かりました。

 

まるで、長い期間自慰行為をしていないような状態になってしまい、朝の性欲とは全くものになっていました。

 

そのため、セフレ女も「顔がやばくなってない?」とちょっと引き気味です。

 

俺も自分の欲求を抑えることができなくなり、セフレ女に急いでまたがり強引にマンコに挿入してしまいました。

 

夕方まで理性崩壊セックスしてとろとろに

セックスチャレンジの昼から夕方までの記憶が曖昧で、何回射精したのかも覚えていません。

 

セフレ女が言うには「6回くらいは中出しされたw」と言っていました。

 

今思えば確かにそれくらいは射精していたような気がします。

 

あまりにも精力剤と増量サプリがダブルで効いてしまったので、記憶の方も飛んでいるのかも知れません。

 

そのため、夕方までのセックスはお互い理性が無くなっていて、セフレ女も「あんなに中出しされたの初めてだわwめっちゃ気持ちよかった!」と、興奮気味に言っていました。

 

夜はお酒と肉を食べてバイブを使ってイキまくり

昼から夕方までは記憶が飛ぶくらい激しいセックスだったのですが、夜の7時には落ち着いてきて、理性も戻っていました。

 

ただ、セックスチャレンジの目標時間までは後1時間ほど残っていたので、あとはお酒と肉でも食べながらゆっくりいちゃつこうとお互い合意しました。

 

お酒と肉は事前に準備しておいたもので、すぐに食べることができていました。

 

また、バイブなどもセフレ女の家にはあったので、それでセックスチャレンジのラスト1時間はセフレ女をイキまくることにしました。

 

セフレ女は最後まで大きな声をあげていたので、声が擦れていましたが無事目標の夜8時になりセックスチャレンジが終了しました。

 

終わったときには「やった〜♪目標達成」と記念の写真を自撮りしました。

 

しかし、セックスチャレンジは無事達成できたのですが、次の日には腰の激痛とチンコの謎の違和感に苦しみました。

 

また、セフレ女も次の日には声が出なくなりキャバクラを休むはめになってしまいました。

 

そのため、2度とセックスチャレンジはしないとお互い決めることにしています。

 

このことからも、やはりセックスはパパッと済ませるのが一番いいのかも知れません

 

ラブグランデ

汗だくで絡み合うとろとろな関係↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ