地域の女介護士とセックス契約|ストレス発散用のペニスになった

地域の女介護士とセックス契約|ストレス発散用のペニスになった

地域の女介護士とセックス契約|ストレス発散用のペニスになった

3ヶ月ほど前にセフレができたので報告します。

 

僕のスペックは24歳フリーターで彼女いない歴=年齢です。

 

実家に住んでいて、仕事は近くのコンビニで働いています。

 

そんな何の特徴もない僕ですが、最近になってドスケベ女看護師とセフレになりました

 

詳しい詳細を知りたい人は、読んでいってください!

 

介護士の女とセフレ契約|タダセックスする相手をゲット

ドスケベ女看護師と知り合ったのは、某大手の出会い系サイトです。

 

出会い系サイトではセフレをメインに探していたのですが、エリア検索をしたときに僕と同じエリアに住んでいる30歳前半の女がドスケベ女看護師になります。

 

ドスケベ女看護師の正式な名前は「歩(あゆみ)」といい、プロフ写真などは載せていませんでした。

 

そのため、直接会うのに抵抗を感じましたが、同じエリアだったのでもしかしたらセフレになってくれるかもしれないと思いメッセージすることにしました。

 

「はじめまして、ユウキと言います。歩さんと同じエリアなので気になってメッセージしました。返信お待ちしております」

こんな感じの簡単なメッセージでしたが、歩からの返信はとても早くて30分後には返信が来ていました。

 

「メッセージありがとうございます。ユウキ君ていうんですね。私は33歳のおばちゃんだけど、会ってくれる?」

メッセージの返信の内容は、歩の方から誘ってくるメッセージでした

 

そのメッセージが来てからは、どこで何時に会うのかなどのやり取りをして、歩と直接会うことになりました。

 

介護士のストレス発散相手になってあげた

歩と待ち合わせしたのは、駅の近くにあるコンビニで待ち合わせをすることに決め、歩の家からも僕の家からも、そのコンビニがベストでした。

 

待ち合わせした日はメッセージのやり取りをしてから次の日になるので、かなりの急展開です。

 

歩も「早く会いたいから、明日でも大丈夫?」というメッセージなどもしていました。

 

僕も早くセックスをしたかったので、すぐにOKの返事をして、コンビニで待ち合わせをする流れになりました。

 

コンビニの駐車場で歩を待ってると、少しふくよかな女が自転車に乗って表れました。

 

僕は歩だとすぐにわかり、軽く会釈をして歩が近づくのを待ちました。歩の見た目はややポッチャリでしたが、顔はまずまずかわいい系の顔です。

 

肌は白くて、明るい印象を受けました。ただ、この時にはまだ歩みがドスケベ女看護師とは気が付きませんでした。

 

自慢の巨根で女介護士は大満足でイキよがり

歩は「ユウキ君ね。よろしくね。じゃあさっそくホテルに行こうか。」

 

といきなり言ってきて、自己紹介もそれほどせずに、近くのラブホテルに行くことになります。

 

僕は少し話が出来過ぎていると思ってしまいましたが、性欲に負けてしまい歩に促されるままホテルに歩いて行くことにしました

 

歩の胸はかなりでかくて、自転車を押しているだけなのにかなり揺れています。

 

僕はそれを見ながらすでに勃起していて、早くセックスしたい気持と抑えられず歩くスピードも速くなって行きました。

 

ホテルの部屋に着くと、いきなり歩は僕のズボンをおもむろに下ろし、強引にチンコを咥え始めました。

 

そして歩は「これが欲しかったの!このチンコが良いの!」と、急にキャラが変わっていき、変態女にいなっていきました

 

その後は、僕の自慢の巨根で女看護師の歩みを犯すようにセックスをして、歩は大満足するようにイキまくっていました。

 

イカせてほしいと懇願するまでに成長

歩と出会ってからは3日に1回ペースで会うようになりました。

 

歩の仕事の関係でそのくらいのペースになってしまうのですが、歩は毎日でもセックスをしたいと言っています。

 

そして、歩が介護士と分かったのは2回目のセックスの時です。

 

「仕事は何してるの?」と何気なく聞いたら「…じつは介護士なのよ。びっくりした?」と言っていました。

 

僕は特にびっくりしませんでしたが、逆に介護士とセフレになれたことの方がうれしくて、その言葉を聞いたらチンコが再び勃起してしまい歩みとその日は3回してしまいました。

 

その後も歩とはコンビニで待ち合わせをしてセックスしていたのですが、歩は「もっとイカせてよ」と懇願するまでになっていきました。

 

僕はそれを言われてからは、ホテルにあるバイブなどを使いながら出来るだけ歩みをイカせてあげるようにセックスしていきました。

 

女介護士は騎乗位が好きだった

地域の女介護士とセックス契約|ストレス発散用のペニスになった

歩とのセフレ関係が2週間くらい続いていくと、少しずつ歩の好きな体位やプレイが分かってきます。

 

歩の好きな体位は騎乗位で、主に歩みが僕の上に乗って上下に動くことが多くなっていきました。

 

そのときの歩みの顔は完全にイッテしまっている顔で、喘ぎ声なんかも猛獣のように叫んでいます。

 

セックスしているときの歩みは普段とは全然違う一面を見せてくれるので、そのときのギャップが面白くて毎回新鮮な気持ちでセックスできていました。

 

騎乗位で下から突き上げられるのが好きなセフレ

スマホの写真で歩が仕事をしているところを見せてもらったことがあるのですが、その時の歩みの顔は介護士としての真面目な顔をしていました。

 

歩みが勤めている介護施設は、普段僕たちが使っているホテルに割と近い場所にあり、僕とセックスが終わったら仕事に直接向かうことも珍しくありません。

 

歩の仕事は主に老人介護のため、かなりストレスが溜まっていて、その発散をセックスで解消しているんだと思います。

 

そのため、歩のストレスが溜まっているときのセックスは、普段の時よりも一段と激しいセックスになってしまいます。

 

騎乗位をしているときでも歩のストレスが溜まっているときには「もっと突いて!もっと突いて!」と言ってくる割合が増えます。

 

また、歩のストレスによっては2時間くらいセックスをしなくてはならないため、正直ちょっと疲れるときもあります。

 

ただ、歩のセックスは辞めることができなくて、僕のストレスと性欲の発散にもなってくれています。

 

またがったまま気絶アクメするように

歩とのセフレ関係は2ヶ月くらい続いていますが、今では気絶するほどの激しいセックスをするようになっています。

 

歩のストレスの状態にもよるのですが、ストレスがMAXに溜まっている時には気絶することが多いです。

 

そのときは大体僕の体にまたがったまま気絶することが多いのですが、最初に気絶してしまったときにはかなり動揺しました。

 

「歩!歩!」と名前を呼んでも、白目を向いているので最初はどうなるのか不安でした。

 

ただ、歩の場合は時間がたてば必ず意識を取り戻すので今ではその気絶にも慣れて、歩が気絶しても横にして5分くらい寝かせておけば意識を取り戻すことが分かってきました。

 

最近は対面座位でガクガク痙攣アクメする

ここ最近での歩みとのセックスで凄かったエピソードでは、アクメ後に気絶しながら痙攣してしまったことがあります。

 

普段は気絶する時には痙攣することはないのですが、そのときにはガクガクと痙攣し始めてしまい久々に動揺しました。

 

そのときの体位は対面座位だったのですが、歩は今はその体位にハマっている様です。

 

歩みはかなりド変態な介護士ですが、仕事のストレスが溜まっているので仕方がありません

 

僕も歩のマンコの気持ちよさから縁を切れないので、当分は歩とセフレ関係は続いていきそうです。

 

出会い系サイトでは、歩のようなストレスが溜まっている介護士や看護師は豊富にいるので、手早くセフレを作りたいのであればそのようなストレスの溜まっている介護士や看護師のドスケベ女がかなりのねらい目です。

 

ラブグランデ

汗だくで絡み合うとろとろな関係↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ