釣り好きな女とキャンプセックス|初めてのカーセックスを満喫

海釣りが好きな女とキャンプセックスする関係に

釣り好きな女とキャンプセックス|初めてのカーセックスを満喫

私は30代前半の独身男で、普段は工場で働いています。

 

休みの日には一人で釣りに行くことが多く、どちらかというとアウトドアの趣味の方が多いです。

 

そんな私には釣りとキャンプが趣味のセフレが1人います

 

出会ったきっかけは出会い系サイトなのですが、女性の方は特にセフレを探していた訳ではいなくて、釣りやキャンプを一緒に楽しめる男性を探していたそうです。

 

私もセフレ探しというよりも、アウトドアが趣味の女性を探すために出会い系サイトを利用していました。

 

女性の年齢は29歳で、普段はどこかの企業のOLとして働いています。

 

名前はA子さんということにしておきますが、A子さんとは今は同棲していて、休みの日には釣りやキャンプに行ってはセックスを楽しむ関係になっています。

 

そのため、多い月には10日ほど海釣りやキャンプに行くこともあります。

 

セフレ関係になって1年以上が経ちますが、同棲はしていますが恋人関係にはなっていなくて、あくまでも同じ趣味を持つセフレという関係です。

 

A子さんの方は私を彼氏と思っているのかも知れませんが、私はあくまでもセフレというスタンスでいます。

 

A子さんにもそのことをはっきりと言っているので、気楽な関係が続けられています。

 

釣りしながらテントでセックスを楽しめるセフレ

A子さんとは主に週末に釣りやキャンプを楽しんでいます

 

そして、釣りをしている合間にセックスするようになっています。

 

A子さんの釣りのレベルはかなりの上級者で、海釣りの中でも沖合に出ることが多く釣る魚も赤みの魚をメインに釣っています。

 

そのため、キャンプでは釣り上げた魚を自分たちで料理して美味しく食べています。

 

キャンプ地は人気がないところをベースにするため、野外セックスもし放題です。

 

夏場は特に野外セックスが気持ちよくて、夜になると蚊取り線香や虫よけスプレーを大量に持参して、野外セックス環境を整えています。

 

また、釣り場に近いと事にテントを張る場合には、魚がかかるまでの間にセックスしながらヒットするまで待機することもあります。

 

A子さんも「今日はなかなかヒットしないから、セックスメインになりそうね」ということもしばしばあります。

 

ログハウスやホテルもセックスと釣りを楽しめる

A子さんとはテントばかりではなく、ログハウスやホテルなども利用するときがあります

 

コストは掛かりますが、雨の日や梅雨の時期になるとやはり夜は建物の方が何かと安心感があります。

 

特に夏場の川釣りは台風と重なることもあるので、ログハウスやホテルにすることが多いです。

 

ホテルでは野外セックスは出来ませんが、ログハウスでならば周りに予約客が少なければ、野外セックスも可能です。

 

また、雨の心配がないときには川釣りをしながらも野外セックスをすることができるので、人がいない状況を確認できればセックスしながら魚のヒットを待つのも楽しいものです。

 

趣味がぴったりな最高のセフレに出会えた

A子さんとは1年以上のセフレ関係になっていますが、「釣り キャンプ セックス」とすべて同じ趣味なので、最高のセフレに出会えたことになります。

 

私は、A子さんと出会う前はセックスそのものは趣味ではなかったのですが、セフレになってからは釣りとキャンプと同じくらいの趣味になっています。

 

以前はセックスというと「子作り」というイメージしかなかったのですが、セフレができてからは、セックスに対する価値観が大きく変わりました。

 

それはA子さんという女性でなければ、セックスに対しての価値観は変わらなかったと思います。

 

というのも、A子さんとのセックスはどちらかというとスポーツのような感じでセックスがで来ているからです。

 

お互いの肉体は筋肉質で引き締まっているので動きが激しく、スポーツ感覚でセックスが出来ています。

 

そのため、飽きることなくセフレ関係を続けていられているのかも知れません。

 

冬場はセックスのほうがメインに

釣り好きな女とキャンプセックス|初めてのカーセックスを満喫

冬場になると、さすがにテントでの野外セックスはできないので、主には釣りとホテルでのセックスになります。

 

たまに暖かい日になると川釣りの合間に野外セックスをしていますが、ほとんど冬場は建物の中でのセックスがメインになってしまいます。

 

そのため、夏場よりもかなり過激的なセックスになることも多く、A子さんが気絶してしまうこともありました。

 

冬は互いの部屋で気絶するまでセックスしまくる

A子さんと冬場にホテルでセックスしたときには、過去に4〜5回ほど気絶してしまったことがありました

 

最初に気絶したときはかなり焦りましたが、徐々に意識を取り戻していったので大事には至りませんでした。

 

A子さんも「ちょっとやり過ぎかなw心配させてごめんね」と、そのときには少し反省しています。

 

春から秋にかけては野外セックスが多くなるので気絶することはないのですが、ホテルなどの屋内でのセックスになると普段よりも長時間のセックスになるため気絶しやすくなります

 

ただ、最近では気絶することにも慣れてしまい、A子さんも「気絶するのが少し快感になってきたw」と、冗談なのか分かりませんが言っています。

 

たしかに、今では気絶しても横に寝かせておけば、2分ほどで目を覚ますことも分かってきています。

 

とは言え、気絶するまでセックスすることは危険なことなので、推奨している訳ではありません。あくまでも自己責任でお願いいたします。

 

ピルありセフレなので文字通りとろとろになって朝起きる

ここ最近では「ピル」を使ったセックスにハマってしまいました。

 

ピルとは避妊薬のことで女性が服用すれば、中出しをしても妊娠することはほとんどありません。

 

そのため、ピルを飲むことで中出しセックスを楽しむことができて、セックス本来の快感を体験することができます。

 

「ピルを飲みたい」と言い始めたのは、A子さんの方なのですが、最初は中出しすることが怖くて不安でした。

 

ただ、ピルを飲み始めてから中出しセックスする回数は20回は超えていて、妊娠はおろかA子さんが体調不良になることもありません。

 

そのため、今では中出しすることも躊躇することなくできています。

 

また、ピルを飲むことでコンドームをする必要もなくなったので、以前よりも断然気持ちよくセックスができています

 

その他にも、かなり激しく動くセックスではコンドームが途中で取れてしまうこともあったのですが、ピルを飲むようになってからはそれもなくなり快適にセックスができています。

 

今はほぼ同棲して刺激な関係に

A子さんとは今は、ほぼ同棲する関係になっています。

 

そのため、以前までは恋人関係とは思っていなかったのですが、今は恋人に近い存在になっています。

 

ただ、セフレ関係というものは変わっていないので、休みの日には釣りに行きキャンプにも行きます。また、そこでは今も野外セックスをして楽しんでいます。

 

出会い系サイトでA子さんという同じ趣味を持ったセフレを見つけることができたので、私の人生もかなり充実するようになりました。

 

A子さんと出会う前は、休みの日には一人で釣りに行き少し虚しい時間の過ごし方をしていました。

 

なので、A子さんと出会い系サイトで出会わなければ、つまらない人生だったと思います。

 

出会い系サイトではアウトドアが趣味の人も登録しているので、同じアウトドアが趣味の人をセフレにしたければ出会い系サイトがオススメの出会いのツールになります。

 

ご近所ステーション

呼べばすぐ来る女セフレを捕まえて↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ