骨と皮だけの女のセラピストになった話|セックスセラピー

骨と皮だけの女のセラピストになった話|セックスセラピー

骨と皮だけの女のセラピストになった話|セックスセラピー

「セックスセラピー」という言葉を御存じでしょうか?

 

セックスセラピーとは、セックスに関する悩みを解決していくセラピー方法になります。

 

しかし、僕が独自に行ったセックスセラピーは、拒食症だった女性をセックスによって回復させるものでした。

 

拒食症の女性やその彼氏などには少し参考になるかも知れないので、そのときのセフレとのセックスセラピーの体験談を紹介します。

 

骨と皮だけのスレンダー女をセフレに

セックスセラピーの女性との出会いは、出会い系サイトでした。

 

某大手の出会い系サイトになり、セフレを探していた時にその女性とたまたま知り合うことになります。

 

その女性は「ハル(仮名)」というニックネームで出会い系サイトには登録していました。

 

ハルにアプローチを掛けたのは私からなのですが、顔が単純にタイプだったのでメッセージを送信してから知り合うことになります。

 

ただ、プロフ写真のハルの顔はやや頬がややこけていて、そのことがやや気になっていました。

 

ハルからはすぐに返信が来て、その後もたわいもない雑談などをメールやLINEなどでするようになって行きました。

 

そのときには、ハルが拒食症であるということは気が付かなくて、直接あってからそのことに気が付きました。

 

痩せてないと安心しないらしくセックスで満たしてあげた

ハルと直接会うことになったのは、出会い系サイトで知り合ってから2週間後になります。

 

待ち合わせたのはハルの地元の駅になり、その後に食事に行くことになりました。

 

ハルを始めてみた第一印象は、ガリガリに痩せているということです。

 

プロフ写真でも頬がこけていたので、だいたい細い女性だとは予想していましが、それ以上に痩せていました。

 

私はハルが拒食症だとすぐに分かり、食事しながらもハルが拒食症になった原因を探って行きました。

 

ハルと会話していくうちに、愛情に満たされていないことが拒食症の原因だと分かっていきます。

 

今まで家庭環境も複雑で親とも別々になってしまったと言っていましたし、彼氏ともすぐに捨てられてしまうというようなことも言っていました。

 

そのため、セックスセラピーならばハルの拒食症を治すには効果的なのではないか、とそのときから思い始めていました。

 

セックスのたびに太っていいと暗示をかけていく

ハルと初めて会った日には食事だけにしておいたのですが、その後ハルに「セックスセラピーをしてみない?」というようなメッセージをしました。

 

するとハルは「セックスセラピーってどのようなものですか?少し興味があります。よろしくお願いいたします」というセックスセラピーに対して前向きなメッセージを送ってきました。

 

そのメッセージを受け取ってから次の日曜日にはハルをホテルに誘い、セックスセラピーを開始することにしました。

 

ハルに「緊張していない?」と聞くと「はい、大丈夫です。セックスなんて久しぶりだから、緊張していますが、よろしくお願いいたします」

 

ハルはかなり緊張しているような感じでしたが、頬が紅潮していてかなり興奮しているのも分かりました。

 

私はハルの服を脱がせていったのですが、ハルの体を見たときには予想通りガリガリ状態であばらなどもくっきりと形が見えてしまっていました

 

そこで、ハルに「目をつむって」と言い、ハルに目を閉じてもらいベットに横になってもらいました。

 

そして、ハルの股を開いてマンコを手で優しく擦りながらハルの耳元で「太ってもいいよ」と暗示をかけて行きました。

 

ハルは感じながらもその言葉を聞いていて、徐々にはっきりとした喘ぎ声が漏れてきました。

 

そこから、2時間ほどゆっくりとしたセックスセラピーをハルに対して行っていくことになります。

 

セックスで乱れるほどに食欲が増していった

最初のセックスセラピーは優しくマンコをいじる程度でしたが、徐々に激しいセックスセラピーを行っていきました

 

その結果、ハルの体重もセックスセラピーが始まる当初からは2キロくらい増えていて、こけていた頬もややふっくらしているように見えます。

 

そのため、体力も徐々についてきたのか、かなり激しいセックスにも耐えられるようになって行きました。

 

そのときにもハルに対しては「太ってもいいよ!」「痩せてると可愛いは違う!」「太っている君を見たい!」「太った君が好きだ!」といった言葉を掛け続けていきました。

 

また、日常的にもメールやLINEを通してメッセージ送っていて、セフレなのか恋人なのか自分でもよく分からなくなっていたこともあります。

 

ただ、そのかいもあってハルの食欲はどんどん旺盛になって行き、体重も順調に増えていきました。

 

1年かけてようやく普通の体型になってくれた

骨と皮だけの女のセラピストになった話|セックスセラピー

ハルとのセックスセラピーは約1年を通して行っていきました。

 

そのおかげで、体重も標準体重になり、見た目も健康的な普通の女の子の体型にすることができました。

 

また、ハルの内面や性格も前向きなものになって行き、私もようやくハルと楽しんでセックスすることができることになります。

 

抱き心地も良くなり濡れ濡れでセックスできるように

痩せていた頃のハルは細すぎてセックスしていても弾力がなく抱き心地が悪かったのですが、今のハルはしっかりと脂肪がついているので気持ちよくセックスができています

 

そのため、ハル自体も感度が上がっているのか、マンコの濡れ方にも変化が表れています。

 

以前は濡れていても湿っている程度でしたが、今ではタラタラと愛液が垂れるほど濡れています。

 

また、その愛液によってチンコの出し入れのスピードも増えたので、さらにハルも感じることができ濡れ濡れ状態でのセックスができています。

 

腰回りに肉がついて余計ムラムラしてきた

腰回りやお尻回りにも肉がついてきたので、体の曲線美なども改善されています

 

ガリガリ状態の時のハルはマッチ棒のような体で、エロさも何もありませんでした。

 

しかし今のハルの裸は、ただ見ているだけでムラムラしてしまうほどのエロい体をしています。

 

そのため、私の視覚的刺激にも良い影響を及ぼしていて、セックスする前からハルの体を見るだけで勃起していることが多くなってきています。

 

また、腰回りやお尻回りの他にも、胸にも当然のことながら脂肪がついていて、胸のカップ数もAカップからCカップにまでアップしています。

 

Cカップにまで大きくなったことにより、今ではパイ擦りなどもできる状態にまでなっています。

 

セックスセラピーのおかげで健康になれたセフレ女

ハルとは今でもセフレ関係になっていて、体重もいたって健康的な数字を維持しています。

 

そのため、出会った頃のハルとは全くの別人になっています。

 

性格も明るくなり、以前は家に閉じこもりがちだったのですが、今では一緒に運動などもしています。

 

そのため、ハルはセフレなのですが、今では恋人のような存在になっていて、拒食症が治り健康になって本当に良かったと思っています

 

最初は出会い系サイトから知り合った女性なのですが、セックスセラピーを行ったことでハルの人生は大きく飛躍してしたと思います。

 

これからも、ハルとはたくさんセックスして再び拒食症にならないように、愛情を注いでいこうと思います。

 

そして、将来的には結婚をしようとも考えています。

 

出会い系サイトではハルの様な病んでいる女性は意外と多いので、その様な女性とセフレになれば、意外と良い女にすることもできます。

 

また、そのときには愛情を持ってセックスしてあげることが大切で、その様なセックスをすれば徐々に心の病なども解消されていきます

 

恋占い

今どきアドレスで出会えたのはここ↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ