週末だけセックスしまくる女をゲット

毎週お決まりのセックスを楽しむ女をついにゲット

週末だけセックスしまくる女をゲット

ついに都合のいい女をゲットしました!

 

その女は毎週みずから俺のアパートにくるのですが、とっても度スケベでこっちがついていけないくらいです。

 

きっかけは出会い系サイトで、近くに住んでいる女にパパッとメッセしたらホイホイっと女の方からアパートに来るようになりました。

 

詳しい話をしていくので、セフレが欲しい人は目を通してみて下さい。

 

セフレをやっとゲットした|週末だけ必ずヤる関係

女の名前は「アイ」という普通の名前ですが、セックスに対しては以上に執着してくる女でした。

 

出会い系サイトでメッセしたら「住所教えてくれれば、すぐに行くよー」と返信が来たので、俺もただの冷やかしかなと思っていたんですが、試しに俺の住んでいる実際のアパートの住所をメッセしてみることにしました。

 

そしたら「OK!じゃあ今から行くね!」という返信がきたので、ちょっとドキドキしながら待っていると「ピンポン♪」とチャイムが鳴ったのです。

 

開けてみると、知らない女が立っていて「アイです」とひとことだけ言い挨拶してきました。

 

俺は(ほんとに来たーー!!)と内心ビックリしていましたが、冷静を装うことにして、「ホントに来るとは思わなかったよWさあ、上がって」と普通に対応してしまいました。

 

アイの見た目は163pくらいで、ややムチムチしていてCかDカップくらいのエロい体型をしています。

 

そのため、俺は目の前で女がいることを急には受け入れられないでいたのですが、徐々にアイと雑談していくうちに、この状況が凄いことに気が付いていきました。

 

アイとは、その日のうちにセックスをして、その後も週末になるとアイがアパートに来てくれるようになり、見事に週末セフレを作ることができたのです!

 

何も言わなくても女がヤりにくる|俺は無言で受け入れるだけ

アイは週末になると必ずやって来ます。

 

俺が特に何もメッセしなくても金曜日や土曜日の夜に来るようになりました。

 

俺が出掛けているときにも、メッセには「家の前で待ってるね♪」と届いていたこともあったので、かなり俺の体にハマっていたんだと思います。(今もですがw)

 

そのため、俺がアパートにいるときには、アイを無言で受け入れるようになって行き、特に会話をしないままセックスだけをして帰ってもらうことも多くなっていきました。

 

アイもおしゃべりなタイプではないので、とにかくセックスだけをできればいい様な女で、俺的にもとっても楽で都合のいいセフレです。

 

アイが俺のアパートに上がってからのルーティンは、まず玄関に入りそこからダイレクトでシャワーを浴びに行きます

 

このときにも軽い挨拶だけです。

 

アイがシャワーを浴びているときに俺も一緒にシャワーを浴び、そこから適当に体を吹いてセックスを始めるというルーティンになっています。

 

セックスの時間は30分くらいで毎回終わり、セックスが終わったらアイは即帰宅です。

 

挨拶もなしに始まる野獣セックスにハマり始める

アイとセフレの関係が続いているうちに、かなり激しいセックスになるときがあり徐々に野獣セックスにハマるようになりました。

 

野獣セックスとは、最初から最後まで無言でセックスが終わり、シャワーなども浴びずに完了するセックスのことです。

 

アイもどちらかというと野獣セックスの方がいいらしく、メッセにも「私がアパートに入ってきたら、そのまま犯して」という内容がよく届きます。

 

俺もその内容の通りにするのが面白くなり、アイが部屋に入ってきたら無言で服を脱がして、そのまま玄関でセックスして帰ってもらうプレイをするようになりました。

 

このプレイのいいとことは、部屋に上げなくてもいので掃除をする手間がなくて、レイププレイのようなこともできることです。

 

セフレができたら、一度は野獣セックスができるセフレに仕上げるととても楽でオススメのプレイですね。

 

合鍵を渡していつでも来れるようにしてあげた

週末だけセックスしまくる女をゲット

その後もアイとは野獣セックスを楽しんでいたんですが、徐々にアイと仲良くなっていき合鍵を渡していつでも来れるような仲になって行きました。

 

合鍵を渡したときにはアイも「え?本当にいいの?」とかなり嬉しがっていましたね。

 

合鍵を作ったことによって、いつでも来られるようになり俺がアパートにいなくてもアイはアパートで待っていてくれるようになりました。

 

勝手にアパートに入っていることに最初はすこし不安がありましたが、特になにも取られるとかのトラブルは起きていません。

 

週末だけでなく平日もフッとヤりに来るように

アイに合鍵を渡す前まではアパートには週末だけしか来ませんでしたが、合鍵を渡してからは平日にもフラっと来るようになりました。

 

平日の夜にテレビやゲームをしていると合鍵を使ってアイがアパートに入ってきて、いつものようにそのままシャワーに入って無言でベットに入って行くことがありました。

 

俺も仕事で平日は疲れているときがあるので、そのときにはアイにフェラか手コキで勘弁してもらっています。

 

アイは「フェラや手コキだけでもいいから、チンコを触りに来たw」ということを言ってくれるので、平日はどちらかというとフェラや手コキの方が多いです。

 

それが終わるとアイは満足したように帰って行くので、徐々に俺もそれだけでは少し悪い気がしていますが、アイはフェラや手コキだけでもチンコに触れることに喜びを感じるそうです。

 

独身なので気にせず受け入れヤリまくる

俺に合鍵を渡して野獣セックスなどを自由にできているのは、お互い独身だからだと思います。

 

結婚してしまったらアパートの玄関でレイププレイをすることは不可能ですからね。

 

そのため、アイを簡単に受け入れることができて、平日にも手コキやフェラだけをしてもらうことができています。

 

アイの年齢は22歳なのですが、俺以外には友達などもいないそうで、実家の親と同居しているようなことを言っていました。

 

俺のアパートからその実家までは結構近くて、自転車で15分くらいの距離にあるとも言っていました。

 

そのため、アイは俺のアパートにすぐに来られる状態です。

 

アイは仕事などもしていないらしく「私は今ね。セックス、チンコ、エロいことしか興味ないの」明るい声で言っていて、セフレが仕事のような状態になっていました。

 

アイが仕事をしないでも大丈夫な訳は、アイの実家はお金持ちらしく、お小遣いもたくさんもらっているそうです。

 

そのため、このままアイと仲良くなって結婚すれば「逆玉にもなるかな…」と少し期待もしています。

 

ふと高校生の初恋のように「好きだ」と告白されて付き合うことに

今現在のアイとの関係は、恋人状態のようになっています。恋人になったきっかけは、いつものようにアイがアパートに来てセックスが終わったときでした。

 

突然アイが「好きだ」と告白してきたのです。

 

僕は最初はそれが告白だとは分からずにスルーしてしまったのですが、真剣な顔をしながら「あなたが好きです、付き合ってください」と高校生の初恋のように言ってきたので僕は思わず「なにそれ?」と少し困惑してしまいました。

 

今までセックスだけをしていた関係で、僕の体にしか興味がない女だと思っていたのですが、突然の告白だったので最初はどうしようかと悩んでしまいました。

 

ただ、アイは性格も悪くはなくて、結婚すればアイの親からいくらかお金が手に入るかも知れないと思い、付き合うことにしました。

 

正式に今は付き合うことになったのですが、セフレの関係の時のような野獣セックスもたまに二人無言で楽しむこともあります

 

直メでメルシー

本気で会いたい女だけのサイト↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ