若い男が好きな熟女に支配された俺の股間

若い男が好きな熟女に支配された俺の股間

若い男が好きな熟女に支配された俺の股間

僕にはセフレ歴10年目に突入する熟女セフレがいます。

 

その10年間のエピソードを簡単に初回するので、熟女好きで今からセフレを作ろうとしている人は、チェックしてみて下さい。

 

熟女好きな俺|若さを熟女に吸い取られる

僕は若いときから熟女が好きでした。AVなども熟女ものしか借りることがなくて、主に50〜60代がベストです。

 

リアルでも彼女がいたときもありましたが、彼女といるよりも熟女と会ってセックスしているほうが、楽しくて満たされていました。

 

そのため、35歳になった今でも結婚もしていなくて、熟女とばかりセックスしているという現状です。

 

10年目に突入している熟女の名前は「佳代」と言い、僕は普段は「佳代さん」と呼んでいます。

 

佳代さんは僕のことを「亘(ワタル)」と呼んでいて、本名ではなくて出会い系サイトでのハンドルネームがずっと定着していて、10年経った今もその名前で呼ばれています。

 

初めてのセフレに熟女を選んで無事ヤれた

出会い系サイトを利用していたのは20代前半の頃からで、そのときには同年代や少し年上の女性ともセフレになったことがあります。

 

ただ、普段から熟女物のAVを見ているので、何か物足りなさを感じていました

 

そのため、出会い系サイトも熟女と出会うことができるサイトを利用することが多くなり、今の佳代さんとも熟女専用の出会い系サイトで出会った形になります。

 

佳代さんとは家が近かったということもあり、メッセージを送信してからはかなり早い段階で会うことができました。

 

初めて佳代さんと出会ったのは10年前になるので、そのときの佳代さんは51歳で僕は25歳ということになります。

 

佳代さんは50代には見えなくて、上品そうな熟女と言う感じです。

 

おっぱいなども細身の割には大きくて、かなりエロい身体をしているのが分かりました。

 

そして、初めて佳代さんとセックスをした時から熟女の体にハマってしまい、初めてセフレに熟女を選んだことで10年間という長い間の関係を続けることができています。

 

最初のセックスで正直に話したら何でもさせてくれて

佳代さんと初めてのセックスをしたのは、僕の地元のラブホテルでした。

 

待ち合わせ場所はコンビニの駐車場で、佳代さんは車ですでに来ていて、そのまま佳代さんの運転でラブホテルまで連れて行ったもらったことになります。

 

10年前の出来ごとなので、とても懐かしいのですが、佳代さんもそのときはパートの仕事をしていたような気がします。

 

佳代さんとホテルに入ったときにはとてもドキドキしていたような記憶があり、初めての熟女とのセックスということでかなり興奮していたと思います。

 

僕が熟女を好きであるということは、そのときまでは佳代さんには秘密にしていたのですが、思い切って「僕は熟女が大好きなんですけど、セフレになってくれますか?」と佳代さんに正直に話しました。

 

すると、「え?そうなの!亘くんはおばちゃんみたいな人が好きなの?!うれしい!」と佳代さんは喜んでくれました。

 

さらに、「なんでも言ってね。私の体好きにしていいからねw」と言ってくれて、その日の佳代さんとのセックスはかなり激しいセックスになりました。

 

熟女のエロさに心も股間も盗まれてしまった

佳代さんはとてもテクニックがあり、さすが僕よりも2倍以上も生きていることだけはあると思いました。

 

そのため、僕は普段仕事をしているときにも、佳代さんのことばかり考えてしまうようになっていました。

 

佳代さんとは10年前から土曜日の夜に会ってセックスをしているのですが、当時から佳代さんに心も股間も盗まれてしまっている状態です。

 

佳代さんは今は独身で、10年前に出会い系サイトを始めたきっかけは旦那さんと別れてしまったことがきっかけと言っていました。

 

そのときに僕からのメッセージが届いて、なんだかとても気になったらしく会ってくれたそうです。

 

そのため、僕のことを当時から気に入ってくれていて、たまにご飯なんかも一緒に行くようこともあります。

 

妊娠することのない女に全力射精する日々

若い男が好きな熟女に支配された俺の股間

佳代さんと出会ったときから、お互いの予定が合えば土曜日に会ってセックスをしています。

 

セックスをするときには佳代さんの家でするのがほとんどなのですが、今ではゴムなどは付けていません。

 

今の佳代さんの年齢は61歳になるので既に閉経していて、妊娠する心配がないからです。

 

そのため、佳代さんとのセックスは中出し射精セックスでフィニッシュすることが多いです。

 

10年前に出会ったばかりの頃には中出しセックスはできませんでしたが、閉経したということを聞いてからは、佳代さんも「今度から中に出しても大丈夫だからね」と言ってくれるようになりました。

 

本気で射精されて喜ぶ熟女にクセになって

佳代さんと中出しセックスするようになってからは、セックスが終わってからの満足度が違いました。

 

佳代さんも中出しセックスに変わってからの喜び具合が凄くて、それを見るのがまたクセになっています。

 

中出しセックスする前は、緩やかに興奮状態が収まって行ったのですが、今ではセックスが終わった後でも佳代さんは放心状態が長く続いている様になっています

 

また、以前よりも僕と会うときの顔の表情などもかなりエロい顔になっていて、中出しセックスに佳代さんもハマっている様子でした。

 

僕自身も、ゴムをつけているときと生のときでは、佳代さんのマンコに入れているときの気持ちよさが全然ちがいます。

 

そのため、熟女であれば閉経しているので妊娠の心配はかなり低くいため、熟女のセフレがいれば中出しセックスしやすくなります。

 

ただ、閉経しているといっても妊娠の確率はゼロではないらしいので、あくまでも自己責任でお願いします。

 

僕の場合は佳代さんと同意を得て中出しセックスをしているので大丈夫なのですが、20代の女性ではかなり危険です。

 

なので、熟女のセフレがいれば中出しセックスをしやすいメリットがあるということです。

 

お互いなしではやっていけなくなった

佳代さんは旦那の慰謝料と貯蓄などで暮らしていてお金には困っていないらしく、たまにご飯を御馳走になったりもします。

 

そして、佳代さんの手料理をたまに御馳走してくれるときもあり、僕がその手料理を食べているのを佳代さんはいつも嬉しそうに見ています。

 

また、僕は普段、仕事をしていて何の趣味もないのですが、佳代さんとセックスしているときだけはストレスを発散することができてとても楽しいです。

 

佳代さんにとっても自分で言うのもなんですが、僕とのセックスが生きがいになっていると言ってもいいと思います。

 

そのため、今となっては僕にとっても佳代さんにとってもお互いの存在が必要にもなっています。

 

既にセフレ関係10年目になるも股間は握られたまま

お互いを必要としているので、佳代さんとのセフレの関係は10年と言う長い付き合いになってしまいました。

 

僕もそろそろ結婚をした方がいいかなと思ってはいるのですが、佳代さんの存在があるのでなかなか彼女を見つけようともしていません

 

佳代さんも僕のことを「亘くんもそろそろ、私と別れて結婚すれば」と促されることもあるのですが、佳代さんが本気でそのようなことを言っているのかは分かりません。

 

それは、今でも僕の股間を欲しがっていて、佳代さんとしてもセックスができる体が続く限りは僕を手放したくはないはずです。

 

なので、まだ当分は佳代さんとのセフレ関係は続くと思います。

 

10年前に佳代さんに出会い系サイトでメッセージを送信しなければ、このような出会いは出来なかったと思うので、あのときにメッセージを送信してよかったと改めて思ってしまいます。

 

直アド天国

近場でエロい熟女をゲット↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ