ネットでできたメル友とカフェでオフ会してきた|意気投合してお泊りセックス

ネットでできた友達とオフ会してきた

ネットでできたメル友とカフェでオフ会してきた|意気投合してお泊りセックス

僕には半年ほど前に、ソシャゲを通して仲良くなったセフレがいました。

 

その時のお互いの年齢は、僕が21歳でセフレ女性が20歳です。

 

出会ったきっかけは、出会い系サイトの掲示板のメル友から知り会い、直接会うようになりました。

 

そして、直接会ってからカフェでソシャゲの話で盛り上がっているうちに、ひょんなことからセフレの関係になっていきました。

 

そのため、ソシャゲを通してセフレを作ることができて、若い女性との意外な出会いのツールとしても活用できます。

 

普通にお茶してソシャゲしてた

女性の名前は「エリ」というのですが、僕とセフレだった半年の間は「エリちゃん」と呼んでいました。

 

エリちゃんと直接会ったのはメル友になってからで、メッセージのやり取りをしてから1ヶ月が過ぎた頃になります。

 

そして、エリちゃんに直接会って話をしたいと言ったのは僕の方からです。

 

そのときには、「エリちゃんとリアルでゲームしたいんだけど、ダメかな?」と、直接会ってもらえるようにメッセージを送信しました。

 

すると「タカシ(僕)くんだったらいいかな。優しそうだし、ゲームもしたいしw」と、会ってもいい様なメッセージをすぐに返信してくれました。

 

僕はその時には下心というものは特になくて、単純にエリちゃんと直接会ってゲームの話や直にリアルバトルをしたかっただけです。

 

そのため、まさかセフレの関係になるとは思ってもいません。

 

エリちゃんと待ち合わせにした場所は、エリちゃんの地元のショッピングモールの入り口です。

 

お互いの家は一駅分の距離で、僕は電車でエリちゃんの地元のショッピングモールに行くことにしました。

 

そして、ショッピングモールの入り口付近に着くと、すでにエリちゃんらしい女の子が立っていました。

 

僕はエリちゃんに近寄って行くと、エリちゃんらしい女の子も僕に気づき会釈をしてきます。

 

エリちゃんの見た目はややオタクっぽい感じでメガネを掛けていて、服装も地味な女の子といった感じです。

 

ただ、笑顔は可愛くて性格も良さそうなので、僕はとりあえず安心してエリちゃんに挨拶しました。

 

エリちゃんも僕に挨拶をしてから、お互いに少し雑談した後にショッピングモールのカフェでお茶することにしました。

 

Hの下ネタの話になってなぜか良い感じに

エリちゃんは少し大人しい感じでしたが、ゲームの話になるとニコニコしながら話す女の子です。

 

お互いハマっているソシャゲの話をしているときには、とても嬉しそうに話をしていました。

 

カフェでは、お茶をしながらお互いソシャゲで対戦していたのですが、そのソシャゲは女性のセクシーな絵なども多く出てきます。

 

そのため、エリちゃんは「この女キャラはスケベそうだねw」とか「私もこんなにおっぱいが大きかったら人生変わってたかもw」などの冗談を言ってきました。

 

そのようなキーワードができくるので、徐々に下ネタも多くなって行き、なんだか不思議な空気が出来上がって行きました

 

そして僕はムラムラしてきてしまい「僕はあまり女性経験がないんだけど、こんな男どう思う?」と、ついエリちゃんに軽く聞いてしまいました。

 

するとエリちゃんは「私も男性経験少ないから、同じだねw」と言ってくれて、とても優しい返事をしてくれました。

 

意気投合してホテルに直行&お泊りセックス

喫茶店でソシャゲをしながらも下ネタ話に盛り上がっているうちに、僕はさらにエッチな妄想ばかりしてしまいました。

 

エリちゃんの胸を見てみると意外と大きいことに気づき、スマホの画面を見ながらもチラチラとエリちゃんの胸に目が行ってしまいます。

 

その視線に気が付いたのかエリちゃんは「私の胸って小さいかな?」と聞いてきました。

 

僕は「う〜ん、服の上からじゃよく分からないけど、小さくはないと思うよ」と答えました。

 

するとエリちゃんは、自分の胸を見ながら「じゃー、直接タカシ君に見てもらえば分かるかな…」と、目がトロンと溶けた顔で僕に言ってきました。

 

僕はその瞬間性欲が爆発してしまい、近くにホテルがないか思考を巡らせました

 

そして「じゃ、じゃあ、ちょ、ちょうどいいところがあるから、行ってみようか??」と、かなり動揺しながらもエリちゃんをホテルに誘ってしまいました。

 

お互いはじめての行きずりセックスでハマった

ネットでできたメル友とカフェでオフ会してきた|意気投合してお泊りセックス

エリちゃんとはショッピングモールから徒歩で15分くらいの安いホテルに行きました。

 

ホテルの部屋に入ると、エリちゃんは自分で上着とブラを取り外し、僕に恥ずかしそうに胸を見せてきました。

 

エリちゃんの胸を見てみると予想以上に大きくて、僕は「全然小さくないよ、大きい方だよ」と言いながら、おっぱいを少し触れてみました。

 

すると「よかった。小さくなかったんだね、私の胸」と笑顔で言いながら、エリちゃんも僕のチンコをズボンの上から軽く触れていました。

 

そして、シャワーも浴びずにセックスに流れていき、1時間弱はエリちゃんと合体することになりました。

 

その後は、エリちゃんと約半年間に渡ってホテルでゲームやセックスをする関係になって行きました。

 

週1で会ってゲームしてヤる関係に

エリちゃんとは半年間にわたってセフレ関係になっていましたが、主には日曜日にホテルに行き会っていました。

 

そのときにはスマホのゲームをしてから、セックスに流れていきます。

 

エリちゃんをショッピングモールで最初に見たときには、大人しい感じに見えたのですが、実はかなりエロい女の子でした。

 

ゲームをしていても、僕のチンコを握ってきてわざと大きくさせて、ゲームの邪魔をしてくることがしょっちゅうありました。

 

他にも、スマホのゲームをしながらもエロ動画を見せてきて、同じくチンコを大きくさせようとしてきます。

 

そのため、僕はエリちゃんに毎回のように対戦ゲームでは負けてしまうことが多く、そのあとにセックスするというパターンになっていました。

 

だんだん家に上がり込んで乱れるように

毎週日曜日にホテルでセックスをしていたのですが、あまりお金がない僕たちには毎回ホテルで会うことが少しずつ重荷になって行きました。

 

そのため僕は「今度からは僕の家でゲームしようか」とエリちゃんに求めました。

 

するとエリちゃんは「そうだね、そのほうがお金も掛からないしね」と、すぐに納得してくれて、その週から僕の家でゲームをすることになりました

 

僕はアパートで一人暮らししているのですが、エリちゃんの家からは電車を使って1時間くらいで来られる距離です。

 

そして、日曜日になりその日からゲームをした後には乱れるようなセックスをするようになり、さらにはコンドームも使わないことも多くなって行きました。

 

半年ヤリまくって仕事多忙で疎遠に

エリちゃんが僕のアパートに来ていた時期は4ヵ月ほどで、今は仕事の関係で疎遠になってしまったため、ソシャゲも卒業してしまいエリちゃんとも会っていません。

 

その4か月間の間はエリちゃんとゲームを散々して、セックスもたくさんしました。

 

エリちゃんと直接会うことはなくなってしまいましたが、ソシャゲのアカウントを確認してみると、今でもエリちゃんのアカウントは残っているのでソシャゲは続けているのだと思います。

 

そのため、仕事がひと段落したら、またエリちゃんとセフレになってもらえるようにソシャゲを通して復縁しようかなと思っています。

 

直メでメルシー

本気で会いたい女だけのサイト↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ