女医の性欲発散に付き合わされた|医者でも結局人間だから

女医の性欲発散に付き合わされた|医者でも結局人間だから

女医の性欲発散に付き合わされた|医者でも結局人間だから

この話は今まで誰にもしてこなかったもので、ここで初めて語ることになります。

 

今でこそ縁は切れていますが、数か月の間とある病院の女医さんとセフレの関係になったことがありました。

 

女医に色々お世話になる内に

僕がその女医とセフレの関係になったきっかけは、のどの違和感を感じたので地元の小さな病院に行ったことがきっかけになります。

 

その病院があることは以前から知っていたのですが、いつもは総合病院の方に行っていたので、その小さな病院に行くこともありませんでした。

 

その小さな病院の院長先生は40代の女性の院長で、佐藤先生という名前の女医でした。

 

その佐藤先生とセフレの関係になったのですが、最初はいたって普通の女医さんという感じにしか見えなくて、まさか危険なセフレになるとは思ってもみませんでした。

 

地域の小さな病院で女医さんに治療してもらった

僕が21歳の時のエピソードになるのですが、朝起きたらのどがとても痛くて最初は「風邪かな…」と思っていて、様子を見ていました。

 

1週間くらい様子を見ていたのですが全然治らないので、のど薬などを購入したりしましたが全く治りませんでした。

 

仕方がないのでいつもの総合病院に行こうとしたのですが、道路が混んでいたので普段は行くことがなかった小さな病院の方に行くことにしました。

 

そのときに見てもらったのが佐藤先生で、のどを診てもらうようになったのが出会いのきっかけになります。

 

佐藤先生はメガネを掛けていて、真面目な感じの女医さんという印象でした。

 

他の患者さんをテキパキと診察していたので、僕はちょっと佐藤先生が気になってしまい、病院の待合室にいても診察室での様子を伺いながら待っていました。

 

僕の診察の番になって先生にのどを診せると「のどが炎症を起こしているのが原因ですね」と優しく言われたため、大きな病気ではなかったと分かって少しほっとしました。

 

その様子を佐藤先生は見ていて「ただの炎症だから大丈夫ですよw」と、笑顔で僕に言ってくれました。

 

暇そうな病院で常連も老人ばかり

その病院の名前は知っていたのですが今まで行ったことがなかったので、佐藤先生の様な女医さんがいるということも知らなかったです。

 

かなり小さな病院で、患者さんも老人ばかりで暇そうな印象でした。

 

のどを診せ終わった際に佐藤先生から「1週間後にまた診せて下さい」と言われたので、1週間後に再びその病院に行くことにしました。

 

そのときの佐藤先生の服装が、以前と違って大分雰囲気が違っていました。

 

最初に佐藤先生の服装を見たときにはスラックススタイルで少し地味な感じだったのですが、今回の佐藤先生の服装はスカート姿でそのスカートの丈もかなり短かい感じです。

 

スカート姿に気になりつつも、再びのどの状態を佐藤先生に診せてみると「だいぶ炎症が良くなっていますね。良かったですね」と、以前と同じく優しく言われました。

 

そのときには確かにのどの痛みもほとんどなくて良くなっていました。

 

僕は自分ののどの状態よりも佐藤先生のスカートが気になってしまい、チラチラと見ていると、なぜか佐藤先生は“股を徐々に開く”しぐさをしていたので、僕は「え?!」と凝視してしまいました。

 

ただ、すぐに佐藤先生は僕の顔を見て「じゃあ、今度もまた1週間後に来てください」と言い、そのときはそれで診察がおわりました。

 

ただ、先ほどの佐藤先生は明らかに僕に股を開くよう見せていました。

 

若い20代の患者は俺だけで女医に優しくされ…

さらに1週間が過ぎて、三度目の診察になりました。僕は佐藤先生に診てもらうことが楽しみになっていて、予約時間よりもかなり早めに着てしまいました。

 

毎回のようにこの病院は老人しかいなくて、20代の若い患者は僕しかいない様です。

 

待合室でいつものように待っていると僕の番がきて、みたび佐藤先生に診てもらうことになりました。

 

佐藤先生の格好は、今日もスカート姿で、先日よりもさらに短くなっているような気がしました。

 

佐藤先生にのどを診せると「もう大丈夫ですね。完治しています」と言いました。

 

完治しています時化されて、僕的にはこれで佐藤先生と会えなくなると少しがっかりしてしまいました

 

すると突然、佐藤先生が「斎藤さん(僕の名前)は、普段は何しているの?」と、質問してきたので僕は普段は工場で働いていることを言いました。

 

すると「のどの炎症はおそらく、その工場の空気が悪いのかも知れないわね。今日は実は院内の飲み会があるんだけど、時間があれば、のどの炎症を防ぐ方法を詳しく話せるんだけど」と言い僕を食事に誘ってきました。

 

飲み会に誘われてから全てを察した

女医の性欲発散に付き合わされた|医者でも結局人間だから

佐藤先生と会う約束の時間は夜の9時で、僕は佐藤先生がコンビニまで迎えに来てくれるというので、コンビニの駐車場で待っていました。

 

そして、佐藤先生が表れて「お待たせ。じゃあ乗って」と言って、佐藤先生の車で駅前のイタリア料理店に行くことにしました

 

イタリア料理店には佐藤先生の病院のナースなどが4人ほどいて、飲み会がすでにイタリア料理店で行われていました。

 

僕は佐藤先生に促されるままに椅子にお酒などを進められ、徐々に佐藤先生と雑談などをしながらのどの炎症の防ぎ方などを話してくれて、そのときは佐藤先生には感謝をしていました。

 

そして飲み会が終わり、佐藤先生は僕を家に送ってあげるというので、そのまま佐藤先生の車で送ってもらうことなりました。

 

ただ、佐藤先生は家の方ではなくて、ホテル街に車を走らせて行き、僕は佐藤先生の本当の目的が分かってきました

 

独身女医の性的はけ口とおもちゃにされることに

ホテルに着くと、佐藤先生は今までの優しい感じではなくて、強引に僕をホテルの部屋に促してくるのです。

 

佐藤先生は「のどを見てあげるからね」といって僕の服を脱がし始めました。

 

おもむろに僕のチンコをしゃぶりつき、今までの佐藤先生ではなくなっていました。

 

そのまま、シャワーも浴びずにベットに寝かされてしまい、佐藤先生は急いで自分の服を脱いで僕に抱き着いてきて、そのまま僕に股がり強引にセックスを始めてしまいました

 

その日から佐藤先生の性的なはけ口になっていきました。

 

医者なのでピルも飲んだ上での生中出しセックスが当たり前に

佐藤先生にはメールアドレスを教えていたので、連絡がくるといつものようにコンビニの駐車場で待っていつものホテルでセックスをするようになりました。

 

その連絡がくるのは土曜日の夜が多く、病院の診察が早く終わる日には佐藤先生に呼び出されていました。

 

佐藤先生は病院からピルなどを持ち出して、ホテルに行って飲んでセックスをしていました。そのため、毎回ゴムなしで生中だし状態でした。

 

僕も佐藤先生のことは嫌いではなかったので、そのまま先生の言いなりになっていたところもあります。

 

精力剤も医者の力で入手して連続生中セックスをさせられた

佐藤先生はいろいろな精力剤や薬などを持参していて、飲まされてはセックスをしていました。

 

今考えればかなり危ない状態で、何もなかったからよかったのですが危険なセックスをしていたことになります。

 

佐藤先生も「あなたのペニスにはこれが効きそうね」と言って、精力剤を飲んでは僕のチンコを色々いじったりしていました。

 

そのため、連続生中セックスをさせられたり、潮吹きセックスをさせられたりしていました。

 

僕は途中でそれらの行為が辛くなって、佐藤先生に「もうこれ以上セフレは無理です」と言って、なんとか縁を切ってもらいました。

 

それからは、佐藤先生からは何も連絡はありませんが、かなり危険な女医だったことになります

 

そのため、この話は今ここで初めてしゃべります。

 

女医もさまざまいて、独身女医は特にド変態が多いので、その様な病院の女医には少し注意した方がいいです。

 

恋占い

今どきアドレスで出会えたのはここ↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ